Top


スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

ニキビ跡の治療で保険が適用されない治療法とは?

ニキビ跡の治療で健康保険が適用される治療法までご紹介しました。

次は、保険が適用されないニキビ跡の治療法についてです。

医療機関でニキビ跡の治療をするときに、健康保険対象外の治療法として、ケミカルピーリングやイオン導入
があります。

イオン導入は認知度が上がってきていますよね。

健康保険対象外のニキビ跡の治療法は、費用を個人負担しなければならない点が最大のデメリットですが、お金に余裕があれば保険の対象外の治療法を試してみるのもよいでしょう。

治療代が掛かる分、ニキビ跡はおろか、素肌も綺麗になると思います。

皮膚科でのケミカルピーリングは、肌にフルーツ酸などの薬品を塗布することにより、肌の表面の古い角層をはがして細胞に刺激を与え、肌の新陳代謝を促進し、角栓を取り除くという治療法です。

ケミカルピーリングは、ビタミンC配合の美容液などを用いてのイオン導入と同時に行うとより効果的だといわれています。

ニキビ跡の治療で、ケミカルピーリングとイオン導入を同時進行したら最強じゃないですか?とてもじゃないですけど、金額的に手におえませんよね(^_^;)

にきび跡の程度や状態にもよりますが、ケミカルピーリングやイオン導入は、大体1〜2週ごとに5回くらいのペースで行うことが多いようです。

どちらか1つの治療法でも充分な効果は認められると思います。
イオン導入器は、自宅でも出来る機器が発売されていますよね。
購入して、自宅でゆっくりニキビ跡ケアをするのも良いかもしれません。
【送料無料・代引手数料無料】イオン導入器 ハーキン3000

【トレチノイン酸治療】

医療機関でニキビ跡の治療をする際、健康保険の対象外の治療法として、トレチノイン酸による治療があります。

角栓は皮脂腺を収縮させたり、機能を低下させるため、にきびの原因になります。

トレチノイン酸による治療は、にきびの原因となる角栓をはがれやすくすることによって、にきびやにきび跡を治療するという方法です。

トレチノイン酸には、外用薬と内服薬の両方があります。トレチノイン酸による治療は、欧米の皮膚科では一番ポピュラーな、にきびやにきび跡の治療法ですが、日本ではまだ広く知られておらず、現在では健康保険の対象外です。

トレチノイン酸というのは、初めて聞きます。これから飛躍する治療法なのでしょうね。

トレチノイン酸の治療は、深くて跡の残りやすいにきびや、ピーリングでもなかなか治療できないにきび跡にとても効果的であるといわれています。

ニキビ跡の重傷者の方に、トレチノイン酸は有効なんですね。

日本ではまだ一般化していませんし、健康保険の対象外の治療法ですが、導入している皮膚科もありますので、興味のある方は取り扱っている皮膚科を捜されてもよいでしょう。

まずは、健康保険が適用される治療法、先程ご紹介しました自宅で出来るイオン導入器美容法を検討なさる方が良いと思います。
これだけでも充分、ニキビ跡は治る見込みは高いのですから!
皮膚科の先生に一度診てもらいましょうね。

参考文献:にきび跡治療
http://nikibiato.phrontis.net/2007/02/post_1.html

タグ:     
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。