Top


スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

ニキビ跡で健康保険が適用される治療とは?

ニキビ跡が残って気になって仕方がない方は沢山いらっしゃると思います。
ニキビ跡は治せないものなのか?いいえ、ちゃんと治せます!

ニキビ跡の治療代を気にされている方に、健康保険が適用されるニキビ跡の治療法をご紹介しましょう。

医療機関でニキビ跡の治療をする際、健康保険対象になる治療法と、健康保険対象外の治療法とがあります。

まずは、健康保険が適用される治療からです。

ニキビ跡の健康保険対象になる治療法にはさまざまな種類がありますが、その中で代表的なものを紹介しましょう。

【抗生物質】

まず、アクアチムローションなどの抗生物質や、カラミンローションなどの外用剤を使用する治療法です。このような抗生物質などの外用剤を使用する治療法は、ニキビ菌を殺菌して毛穴の炎症を抑える効果があります。

次に、抗生物質を内服する治療法です。この治療法には、マクロマイシンなどのテトラサイクリン系の抗生物質を使います。抗生物質でにきび菌を殺菌し、それとともににきび菌をつくる皮脂を分解して、炎症を起こす脂肪酸をつくる作用があるリパーゼの発生を抑えるという治療法です。

ニキビ跡の治療法として、内服薬もあるのですね。
私のイメージですが、内服薬は体の中から治療していくので治りやすいのかなぁと思いました。これは素人考えですね(^_^;)

【ビタミン剤や漢方薬】

医療機関でニキビ跡の治療をする際、健康保険対象になる治療法には、ビタミンCやビタミンB2などのビタミン剤を内服する方法もあります。

ビタミン剤を内服することで皮脂の過剰な分泌を抑制し、皮脂の酸化や炎症を抑えてにきびの炎症の後にできるニキビ跡などの色素沈着を予防できます。

ビタミンは肌に良い事は有名ですよね。ですので、ご覧になっている方もビタミンを服用されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、漢方薬を内服する治療法も健康保険の対象になります。にきびやニキビ跡の治療に使用する漢方薬は、排膿散(ハイノウサン)、清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)などがあります。

漢方薬は、元々身体に良いものですから、普通の薬と比べると飲みにくいものもあるかもしれませんが、ニキビ跡は勿論、肌が綺麗になりそうです。

健康保険の対象になる治療法の最大のメリットは、少ない個人負担でニキビ跡の治療ができるという点でしょう。

皮膚科でニキビ跡の治療をする時は、まず、健康保険の対象になる治療法から始めてみるのがお勧めです。

お近くの皮膚科に行って是非相談してみましょう。

参考文献:にきび跡治療
http://nikibiato.phrontis.net/2007/02/post_2.html
このサイトは、ニキビ跡についてとても役立つ情報がいっぱいです。
分かりやすくご説明がされてあったので参考にさせて頂きました。

タグ:       
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67322397
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。